債務整理ガイド

借金,返し方,債務整理



借金,返し方,債務整理

自己破産とは、「借金額が大きくなってしまい返済の見込みがなくなった時に、裁判所にその旨を申立て、借金を免除してもらう」ことをいいます。
そして簡単に言えば、借金が0になる、という手続きです。

自己破産の手続きのなかには、「破産」と「免責」という2つの手続きがあります。
破産は、支払いができないことを認めてもらうこと。
免責は、払わなくていいことを認めてもらう手続きのことです。

破産の決定だけをもらっても、免責の決定がもらえない場合もあります。
その場合「借金が支払えないのは認めるが、支払いはしなさい。」となるのです。

次に、自己破産を申し立てた方全員が、借金を0にしてもらえるというわけではありません。
自己破産には、免責不許可事由というものがあります。
それに該当する場合は、自己破産しても借金が免除されない可能性があります。

また、誰でも自己破産をすることができるというわけでもありません。
自己破産をすることができるのは、いま抱えている借金を今後もずっと支払うことができない経済状態である(来月だけ支払えないというのはダメです。)場合のみです。
借金を支払うことができないかどうかは、すべての借入先との取引内容と、借金をされている方の家計の状況や今後の収入の見通しなど、色々な要素をもとに判断します。

つまり、自己破産の手続きは、本当に困っている人だけが行うことができる手続きということになります。

自己破産は、借金を0にして、新たな生活をやり直すことを支援する手続きですので、自己破産をしたからといって何か罰が与えられたり、日常生活が送れなくなったりということは決してありません。

借金を絶対に返したいから自己破産だけは避けたいという方や、自己破産にはどうしても抵抗があるという方も多くいらっしゃいますが、ご自身の収入状態からみてどうしても返せそうにない金額の借金を抱えていらっしゃる場合は、早い段階で自己破産をすることをお勧めしています。

アヴァンス 債務整理

■ヤミ金対応■
任意整理のエストリーガルオフィス

アヴァンス行政書士法人
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!

Homeへ戻るページのトップへ戻る