債務整理ガイド

借金,返し方,債務整理



借金,返し方,債務整理

◆適切な貸金業への移行

@厳しく貸金業への加入条件を決める。
条件は純資産が5,000万円以上であること。
(3条施行時に2,000万円、上限金利引下げ時に5,000万円の順に引上げ)
適切な業務の移行の為に資格試験を行い、合格した指導する取扱主任者(貸金業務)を各営業所に置きます。(義務化)

A自分でブレーキをかける貸金業協会へ
旗揚げする日本貸金業協会。
貸金業協会を、許可を受けて建てる法人とし、各都道府県に支部を置き(義務化)、貸金業者の参入を明確にし、日本貸金業協会は、頻繁な広告やいきすぎた貸付を防いだり等、自分でブレーキをかけるようにします。

B取立てなどを厳しく取り締まる
毎日の行き過ぎた取立てなどを厳しく見張り、防ぐ。
債務者に保険金の契約をさせ自殺後、保険金がおりることを防ぐため、保険金の契約をさせることをやめさせます。
公正証書作るときに必要な委任状をとること・利息制限法の利息を超過した貸付けの取り決めについて公正証書の作るときの委託をやめさせます。
連帯保証人に向けての要求する通知・検索の抗言い訳の権利がないことの説明が義務付けられ、連帯保証人の守りを強化する。
貸付けにあたり、合計の利息を負った金額などが書かれた書類の、前もっての給付することの義務化。

C投入する業務改善命令
規制を破ったもに対して迅速に展開行動がきるよう、業務の停止と登録の抹消などにプラスして、業務改善命令が投入されました。


◆やめさせる行き過ぎた貸付

@打ち立てる指定信用情報機関制度
信用情報の適正なコントロールなどの基準を満たす信用情報機関を指決めるルールが投入され、金貸しが債務者の全部の借り入れ残高を知ることができるできるシステムが整えられます。
※指定信用情報機関がたくさんの時は、残高情報等、おたがいの行き来が義務化されます。

A投入される総量規制
金融業者が個人にお金を貸す場合は、指定信用情報機関の信用情報を使った返済の能力の調査の義務化。
また、個人にお金を貸す場合、以下の時には、貸金業者に年収等を証する資料の取得が義務づけられることとなります。
【1】自分の会社からの借り入れの残りが50万円を超える金貸し
【2】 全部の借り入れ残高が100万円を超える金貸し

返済する力を超えた金貸しが禁止されます。
(調べたの結果、全部の借り入れ残高が年収の3分の1を超える金貸しなど)
※売ることができる財産がある時など除外・例外金貸しは除外。


◆適切にする金利の体系
@引下げる上限金利
出資法の上限金利を引下げて(20%)、グレーゾーン金利をやめます。
変わった後で、刑事罰の対象となるのは、20%を超える時です。
A利息のコンセプト
金貸しの業者としてする金貸しの利金には、契約締結のお金と債務弁済のお金も含まれます。
(公租公課・ATM手数料等を除く)金貸しの利金と借りた人が保証業者に支払う保証料を合計して利息制限法の上限の利息を超過した時、超えた所につき、保証料はなしとなり、刑事罰の対象は保証業者はとなります。
B電話担保金融や日賦貸金業者の特別ケースの取りやめ
これまで、出資法の特別ケースとして認可されていた利息(年54.75%)は取りやめになります。


◆厳しくヤミ金融に対応
以前懲役5年だったヤミ金融の罰則が10年に延ばされました。
※主要なところはかなり高い利息(109.5%超)の金貸しや登録していない営業などが対象となります。

アヴァンス 債務整理

■ヤミ金対応■
任意整理のエストリーガルオフィス

アヴァンス行政書士法人
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!

Homeへ戻るページのトップへ戻る