債務整理ガイド

借金,返し方,債務整理



借金,返し方,債務整理

普通お金を貸し付ける金融業者の銀行や消費者金融としては、「きちんと借金を返済する人物にお金を貸したい」と考えるのは当たり前のことです。
しかし現状では、金融業者がその場でさらにとても短い間に、このお客様が「きちんと借金を返済する人物」かどうかを見極めるのは、現実的にかなり無理があると考えられます。

そこであるのが「個人情報機関」というもの。
そう言った金融業者に「過去に申し込んだ人物が借金の返済を延滞させたことがある」というようなデータを各金融業者に提供している場所です。
資金提供の申請を受けた各金融業者は個人情報機関からデータを送ってもらい文字どおりに資金提供をするかどうかの見極めをやっていることになります。
実際の個人情報機関には、

★全国銀行個人信用情報センター(JBA)
(会員は労金、信用金庫、信用組合、銀行、農協、など)

★(株)シー・アイ・シー(CIC)
(会員は信販会社、家電、自動車メーカー系クレジット会社、百貨店、量販店など)

★全国信用情報センター(全情連)
(会員は消費者金融会社)

などがあります。

上記の個人情報機関は、ローンやクレジットカードの申請時に書いたデータと、ローンやクレジットの取り引きのデータを保持しています。
そして、これが一番大事なことになりますが、ルールとして3ヶ月以上滞らせた場合は「延滞」という事故データが約5年間データとして残ることになります。
また、破産宣告については約7年〜10年間データとして残ることになります。
ブラックリストと呼ばれるものはこの事故データのことを、一般的に指します。
そしてデータのシェアするという所だと、消費者金融系の全国信用情報センター(全情連)と信販系の(株)シーシービー(CCB)、(株)テラネットがデータをシェアし、銀行系である全国銀行個人信用情報センター(JBA)と小売系の株)シー・アイ・シー(CIC)がデータをシェアしています。

普通はブラックリストに1度載ってしまえば、上に記載した間はルールとしてクレジットカードを作ることやローンを組むことが不可能になります。
ただ、実際にその間より前にクレジットやローンが利用できてしまうことがないわけではなく、事故データの共有外での申請があった時や、女性だと結婚して名前が変更になった時などのように、各個人情報機関の保持しているデータ以外での申請が、あった時などは、クレジットやローンが使える例もあります。

アヴァンス 債務整理

■ヤミ金対応■
任意整理のエストリーガルオフィス

アヴァンス行政書士法人
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!

Homeへ戻るページのトップへ戻る