債務整理ガイド

借金,返し方,債務整理



借金,返し方,債務整理

利息や資本の受け入れなど、お金の貸し借り全般に関する利息を制限する法律で、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」が出資法の正式な名前になります。

破った時は、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金と刑事罰の対象となる出資法は、かなりに厳しい罰則になります。

金貸しの業者の利息を制限する法律が利息制限法。
利息制限法で定められてある利息を超過する利息は認められません。

貸付利息を定められている「出資法」と「利息制限法」の2つの法律の利息の差のことを「グレーゾーン金利」と言います。

改正前の貸金業法のそれぞれの利息の上限は、出資法で29.2%、利息制限法で15〜20%となっていました。
すなわち、諸費者金融などの金貸し業者は利息の上限の高い出資法に準じて貸付金利を決めていました。

改正後の2010年6月から、20%を超過する利息でお金を貸すと刑事罰適応の対象となります。
そして、利息制限法と出資法の利息の上限間でお金を貸すと行政処分適応の対象となります。

アヴァンス 債務整理

■ヤミ金対応■
任意整理のエストリーガルオフィス

アヴァンス行政書士法人
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!

Homeへ戻るページのトップへ戻る