債務整理ガイド

借金,返し方,債務整理



借金,返し方,債務整理

借りたお金が多くなっていくと決まって、
「いま借金がどれだけあって、それはどこで借りたのか?どこでどれだけ借りたのか?」
などよくわからなくなってしまっていることでこういうことは法的手段(自己破産)を考慮している場合、最悪になります。

自己破産は最後までとっておき借金を返済を希望しているのであれば、まずは借りた金額を知っておくことが大切です。

今の状態を知るということは、自己破産でもそうですが、任意整理や特定調停などの法的手段を使う場合にも必要になってくるものなので、とても大事なことになります。

そして、今の借りた金額を知っておくだけではなく、
「前に支払った利子を含入れた返済の金額を払いすぎていないか」
「払いすぎたお金があった時は、元金充当の金額は見込みはどれくらいか」
など、前の支払い状態も大切なので、知っておきましょう。
大事なのは、
「毎月どれだけのお金を返済しているか、どこの業者からいくら借りているか」
を知ることです。

そして、なんでこんなに借金を増やしてしまったのかを考えるのも大切です。
借りるお金が多くなっていく要因のひとつに、
「入ってくるお金より出て行くお金のが多い」
というのがあります。
働いて入ってくる給料より、使うお金が多いということは、当然いろんな要因があるのでしょうが、そのことを無視して何もしなかった時、当然、負債は減りません。

大切なことは、今の現状を考えて、無駄にお金を使わないよう意識して行動することです。
自己破産は借金をした人を助けてくれますが、その法的手段に甘えて、その後も、同じようなことをやっているのでは同じ過ちを繰り返すだけです。

お金を借りてしまう第一の要因は「生活するため」です。
無理をせず、今の自分の状態を考慮して生活レベルで生きていくことが優先です。
家計簿などでお金の状態を把握して、自分が毎日どれだけ使っていて、何が無駄なのかなどを考えてきちんとした金銭感覚を身に付けやっていくことが今後、生きていくうえで大切なことではないでしょうか?

アヴァンス 債務整理

■ヤミ金対応■
任意整理のエストリーガルオフィス

アヴァンス行政書士法人
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!

Homeへ戻るページのトップへ戻る